洋服買取業者を選ぶ時のポイントや注意点を教えて

最近は要らなくなった洋服を賢くリサイクルしようと買取業者を利用する方が増えています。同じ洋服であっても業者によって買取の金額や買い取れるものが異なりますし、取引きまでの流れも異なります。

 

せっかく大切な洋服を売るのですからできるだけ信用のできる業者に依頼をしたいものです。買取業者を選ぶポイントにはどのようなものがあるのでしょう?

 

信頼できる鑑定士が査定をしてくれる業者は大前提です。

 

なかには素人が独自の判断で洋服の価値を決めるところもありますが、これでは売り手側が損をしてしまうことがあります。信用できる業者には必ずプロの鑑定士がいますから、そうしたところを選ぶのは一つの基準になります。

 

また、出張鑑定をしてくれる業者も選ぶポイントになります。

 

大量の衣服を持って外出するのは大変なため、自宅まで鑑定士が来てくれてその場で売買成立となる業者がおすすめです。

 

そして買取り幅が広いことも選ぶポイントです。

業者のなかには、ブランド品以外は受け付けないところもあり、こうなると売れるものは少なくなってしまいます。良心的な業者はブランド品以外の衣服であってもキチンと買い取ってくれます。

 

このようなことが買取業者選びの大きなポイントになりますが、スピード買取.jpは優良な買取業者として知られ、さきほどのポイントにすべて当てはまります。信用できる買取業者で賢く洋服の整理をしてみてはいかがですか?

 

⇒スピード買取はこちら

洋服を買取してもらう時に必要な書類やもの一覧

自宅に眠っている洋服を少しでも高く売りたいと考えるならスピード買取.jpがおすすめです。名前のとおりスピーディに洋服買取をしてくれて、ブランド以外の洋服なども引き受けてくれる良心的な業者だからです。

 

スピード買取.jpで洋服を買取してもらう時に必要なものは、買取方法によって異なります。もっともよく利用される出張買取の場合には、専門の鑑定士が自宅に伺いその場ですぐに取引が成立するので必要な書類は身分証明(運転免許証・パスポート・健康保険証・外国人登録証のいずれか)だけとなります。

 

直接業者に持ち込む、持ち込み買取の場合にも同じです。

 

郵送で買取を依頼する場合には、上記の身分証明証のコピーに加えスピード買取.jpから送られてくる必要書類に記入が必要となります。書類の内容は、郵送サービスのご利用について・郵送査定依頼申込書・ご利用規約・振込先記入シート・宅配査定マニュアルの以上5点となるので、必要箇所に記入をして査定希望の洋服と一緒に郵送します。

 

郵送査定のみ書類への記入が必要ですが、ほかの査定方法では身分証明証のみの準備でよいので気軽に査定を依頼できます。査定に関しての質問事項や相談などもフリーダイヤルの専用窓口で丁寧に教えてくれるので、細かく知りたい方は一度問い合わせてみても良いでしょう。

 

洋服買取で買取してもらえない洋服ってどんなもの?

最近ではブランドの洋服以外でも買い取ってくれる買取り業者があるので、処分をするよりも買い取ってもらってお金に換えた方が断然お得です。

 

ただし、買取を依頼する前には、いくつかの注意点があります。あまりにも保存の状態が良くない洋服で、ほつれや汚れが目立つ場合や、強い体臭が残っているものは、たとえブランドの洋服であっても買取り不可能なことが多くなります。

 

デザインは1年以内のものが人気があり、あまりにも古いデザインのものは買い取られない場合があります。また、業者によってはブランド品以外の衣服は買取り不可能な場合もあります。このように、買取りの業者によっても買取してもらえない洋服の定義は違いますから、事前にいろいろな業者をよく調べて売りに出すのが効率的です。

 

最近話題になっている、スピード買取.jpは数ある買取り業者のなかでも特に人気が高い業者です。その理由は、多少の難あり品でも買取りをしてくれる場合がある、ブランド以外の衣服でも買取りが可能、他社と比較して高額で買取りをしてくれるからです。

 

デザインが古い、状態が良くない、などの理由で売り渡しを躊躇している方は一度、スピード買取.jpに査定依頼を出してみると良いでしょう。専門の鑑定士が自宅まで来てくれて無料で査定をしてくれます。買取してもらえない洋服と決めつける前に、一度査定をしてみると意外と高く売れることもあります。